絵画で見るギリシャ神話

ギリシャ神話の世界を絵画を通して見ていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼウス(1):ゼウス vs. メティス(アテナ誕生)

さて、このコーナーでは、お盛んなゼウスの女性遍歴の数々をおさらいしたいと思います。目的は、女性とヤルためにゼウスがどんな手管を使ったか。その目録を作り、それを参考にして僕も楽しい人生を送ろうとするものです。冗談です。体が持ちましぇん。

***

さて、ゼウスの正妻はヘラですが、最初のお相手というか結婚相手はヘラではありませんでした。メティスという巨人族の一人でした。(と、ここでメティスの画像を貼れると最高なんだが、見つからない:泣)

メティスというのは、海(地中海)を神人化したオケアノス(Oceanus)の娘らしいです。「海洋」のoceanという単語の元になった神です。

メティスは語義的に「知恵」とか「思慮」とかの意味で頭がいい女神です。すべての意味で聡明です。さすがゼウスにふさわしい相手だったわけです。知恵や思慮が最高レベルの女性とのセックスというのも、いろいろな技を考案して楽しませてもらえそうで、あーこーがーれーるー!

ところが1つ問題がありました。予言です。メティスとの間に男児が生まれると、その父親よりも能力的に上回り、父の座を奪うことになるだろうとの予言があったのです。そりゃそうだ。最高レベルの知能がある女なわけだから、そこから男児が生まれたら、父親を上回るのは当然です。

でも、そこはそれ、ゼウスは女好きなので、後先考えずにメティスとやっちゃうわけです。で、ある日、メティスが妊娠したと知らされる。あー、ゼウス、涙目。

このとき取ったゼウスの処置の方法が笑えます。なんとメティスを食べちゃったのでした。 どうやって食べたかなんて知りません。が、ともかく食っちゃった。で、どうなったかと言うと、ゼウスは、あらゆる意味で聡明なメティスを食べたわけで、結果、ゼウスは知恵の点でも最高レベルの能力を獲得したのでした。文字通り、全能の神!

そーきたか(笑)。

ここから1つの教訓が得られますね。素晴らしい女性を相手にして、食べちゃえば、その女性が持っていた能力を獲得できる、と。

ちなみに、僕も、一応、性生活には色々バリエーションをつけてて、時々、「私を食べて」と誘われて食べちゃったりするんだけど、なんだか、最近、ボケが激しくなってきているのでした。変だな・・・。こっちも、たまに、食べさせちゃったりするんだけど、向こうの方も、大ボケかますようになってるし。おかしいなあ・・・。

***

ともかく、月日がたち、食べられたメティスは出産の時期になりました(食べられちゃっても、神一族である以上、死なないのですね)。ゼウスは、もちろん男なわけで普通の分娩はできません。さて生まれてくる新生児はどこから出てくればよいのでしょう?

やっぱ、(ゼウスに飲み込まれてしまってるけど)頭脳明晰な母親の子供です。頭にいたのでしょう。出産に際して、ゼウスの頭部を攻略します。

ゼウスは猛烈な頭痛に悩まされました。分娩時の苦痛は、僕には良く分からないのですが、大変な苦痛だというのは想像できます。ゼウスは、その分娩の苦痛を頭部に食らったのでした。こいつはたまらないでしょうね。

堪えきれなくなったゼウスは、タイタン族のプロメテウスという神(あるいは、話によると、我らがヘパイストスかもしれない)に頼んで頭を斧でかち割ってもらいます。

そこでイキナリ出てきたのが、次の、頭かち割り娘! アテナです。どどーん!
klimt29.jpg

Gustav Klimt 1898 Pallas Athene

おねえちゃーん、こわいよ~。生まれたときから甲冑に身を包みこわおもてで睨みつけてるよー。胸元で「あっかんべー」してるの、メドゥサだよー。じっと見ちゃダメだよー。体、固まっちゃうからねー。

母親自体が頭いいし、頭から生まれたってことで、アテナは頭脳明晰です。美術・工芸・芸術・科学・(頭脳的)戦いの神です。英語にbrainchildって言葉(頭脳の産物、考案物、発想)があるけど、まさにアテナのイメージ。その頭脳、俺にも分けてくれ~!

アテナはこの絵のタイトルのように「パラス・アテナ」と「パラス」という言葉をつけて呼ばれることがあります。なんでも、アテナが幼い頃、遊び友達にパラスというアテナと同じくらい武術に優れたものがいたそうです。そのパラスとアテナが一緒に戦争ごっこ風のケンカをしていたときでした。アテナが一撃を喰らいそうになり、それを見たゼウスがアテナに助け舟を出したそうです。でも、その結果、パラスがアテナの反撃にあって死んでしまったとのこと。

アテナお嬢たん、遊び友達を亡くした悲しみに、泣き濡れました。以来、自分の名前に、この名を冠するようになったとか。親が子供のけんかに口を出すなってことでしょうかね?

アテナはローマ神話ではミネルバと呼ばれてます。従えている動物はふくろう。ふくろうは英語圏では賢い人のイメージが定着してます。アメリカのアニメなどで先生役の動物としてふくろうさんが出てきますね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashe4myth.blog118.fc2.com/tb.php/11-9ebfda20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。