絵画で見るギリシャ神話

ギリシャ神話の世界を絵画を通して見ていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフロディーテ(4):三人娘

さて、前の書き込みのボティチェリの「ビーナスの誕生」。その絵の左から息を吹きかけている西風の神、ゼファという名だと書きましたが、これは英語読みで(Zephyr)、ギリシャ語でゼフュロスだそうです。抱っこしているニンフはクロリスと言う名前。

ギリシャの地理的位置からすると、西風とは地中海の暖かい空気を運ぶ穏やかな風でしょうね。日本なら南風だろうけど。

この穏やかな西風の神が一目惚れしてかっさらってきたクロリスは、花を支配する力を与えられ、花の女神のフローラになります。そこの変身そのものが描かれているのが、次のボティチェリの絵。今度は画面右側にそれがあります。
primavera.jpg

ボティチェリ 1477-8年 「春(プリマべーラ)」

右端の緑色の肌の人が西風神。さらってきたクロリスを着地させます。 すると、花のドレスを着た花の女神(右から3番目)に変身しました。 周りに花びらが散ってます。この人が歩くとそうなるらしい。お掃除が大変です。

で、画面真中で首をかしげてたたずんでいるのが、ビーナス奥様。 今日は服を着てます。少し残念。でも、この服にも、妙なエロスを感じてしまうアタクシです。その理由は、後日。 今日の主人公は、ビーナス奥様ではなく、その左側で踊っている三人娘です。例えば、次の絵。
burnejones34.jpg

サー・バーン・ジョーンズ 1885年 「三美神」

彼女たち、三美神(Three Graces)と呼ばれるらしいです。ギリシャ語ではカリスたち(複数形カリテスCharities)と呼ばれてます。美、優雅、豊穣、芸術的センスなどなどの女神だそうです。神々の大ボス、ゼウスの娘。

母親はいろいろ説があって分かりません。(普通は、逆で、お母さんは分かるけどお父さんが分からないんだけどね)。ビーナス奥様お付きの従者というお仕事。

図柄的には、
・腕を組みながら輪になる、裸三人娘
・真中の一人は後姿
という形で、いろんな画家が作品を残してます。

配列には順番があって、左から、エウプロシュネ(Euphrosyne)、タレイア(Thalia)、アグライア(Aglaea)という名前。三人がそれぞれ何を表すかは、いろんなことが言われてますが、左から、「愛欲」-「純潔」-「美」と言う解釈があります。お尻を見せている人が「純潔・貞節」を示すというのは、意見が一致している模様。やっぱり、大事なところはひとまえには晒せません。

女性の身体的な「美」しさと、心に秘めた「情欲」。その二つを精神的な美としての「純潔」さが間を取り持ち、バランスを保つ。そのような女性が、サイコーなんだよってことっすかね。

ラテン語由来のグレイス(grace)という言葉は、身体・精神の両方の美しさを備えたときに使える言葉らしいっす。 それほどのバランス統制力があるとなると、回りの人をまとめ上げる力もすごいわけで、ギリシャ語の方のカリスからカリスマ(charisma)という語が生まれました。 バランスという点では次のラファエロの絵がものすごい安定感。

raphael.jpg

ラファエロ 1504年 「三美神」

ふくよかな女性がお好きな人には、次のルーベンスがお勧め。

rubens49.jpg

ルーベンス 1638年 「三美神」

ところで、一番上のボティチェリ「春・プリマべーラ」。ビーナス奥様の頭上にキューピッド(こいつはビーナス奥様と愛人マルスの間にできた子供)が目隠しをして、矢で狙っています。この矢(金の矢の場合)で射抜かれると、最初に目にした人が大好きになってしまいます。狙われているのは、三美神の真中の娘。「純潔」娘です。あーあ。彼女は誰を見ているのでしょう? 視線的には画面の外かなあ・・・?矢が放たれた瞬間、その男に惚れちゃって「純潔」失っちゃうのかな・・・。それとも、見ているのは右端の男か?

彼はヘルメス(英語では、マーキュリー)っていうヤツです。頭が切れるヤツです。なかなか好青年に描かれてますね。

ちなみに、高級ブランドバッグのエルメスとは、このヘルメス(商売・旅行の神様でもある)からとった名前。まさか、真中「純潔」娘、高級ブランド品に夢中になるってか(苦笑)。


スポンサーサイト

アフロディーテ(3):スペルマクイーン:アフロディーテ

さて、今回の絵はこれです。

cabanel1.jpg

lexandre Cabanel 1863 「ビーナスの誕生」

きれいでセクシーな絵だと思います。カバネルと言う人の絵。流派とかまだまだ僕には分かりません。陸地がないのに、どうやってこのアフロディーテは波の上に乗ってられるのか?とか疑問が湧きますが(笑)。貝殻を無くしてしまったところに、その不自然さの原因があるのかなあ・・・。

それはそれとして、前回も書きましたが、アフロディーテはウラノスの切断されたペニスから出た「泡(=スペルマ)」から生まれたそうです。いわば、生まれたときから白濁まみれのスペルマ・クイーンだったのです(笑)。それを思うと、この絵も一段とエロっぽさが増すと言うか・・・

ですが、そういう解釈だけでアフロディーテを見てはいけないらしいです。いわく、アフロディーテには次のように両面性があると。

(1)神聖な愛を具現した天上の女神
(2)淫らな欲情を具現した地上の女

もちろん僕の目に入るのは(2)のアフロディーテだけです(苦笑)。

上のカバネルの絵もどっちかと言うと、(2)的ですよ。 前回のブーグローという人の絵も。 それに対して、(1)的なアフロディーテ像の傑作が、やはり次の絵。もういちど繰り返し掲載します。これだと、ちゃんと恥らって隠そうとしているもん(笑)

botticelli02.jpg

ボティチェリ 1485年 「ビーナスの誕生」

画面左でふ~っと息をかけてアフロディーテを岸に辿りつけさせているのが西風の神のゼファーという神。その神に引っ付いているかわいこちゃんが、なんとかというニンフで、後にフローラという花の神になる人。 同じくボティチェリのもう一つの有名な絵「春:プリマべーラ」の右側にこの絵の続きが見られるらしいです。

このボティチェリの「ビーナスの誕生」では、ビーナスの向かって右側の腕のつき具合が変だ!という話があるそうです。 確かに、よく見てみると脱臼しているみたい。

そこで仮説ですが、ボティチェリは、本当はあそこを隠すつもりなんてなくって、モロ出しの絵を描きたかったんだけど、さすがに気が引けて、修正してしまった、というのは、どーでしょーか?

やっぱりアフロディーテを見るときの基本中の基本は(2)の立場なのであって、(1)の立場は、後から取って付けたものなんです。多分(笑)

アフロディーテ(2):アフロディーテの誕生

この絵は、アフロディーテ&ヘパイストス夫婦のうちアフロディーテ奥様の誕生の様子を描いた物です。
bouguereau2.jpg

ブーグロー 「ビーナスの誕生」 Bougreau "The Birth of Venus"

いきなり話しがずれますが、Mars and Venusで検索していたら、"Men are from Mars, women from Venus"と言うフレーズが山ほど出てきました。そういう本がアメリカでベストセラーになっていたようです。多分、翻訳も出ていると思います。「男は火星出身、女は金星出身」。だから基本的にコミュニケーションをとるよう努力しないと破綻するよって内容らしい。これも神話がらみでしょうね。火星=マーズ=マルス(ヘルメット男)、金星=ビーナス(女)ということで。

ビーナス誕生というと、やはり、こちらのお方が一番先に出てくると思います。
botticelli02.jpg

ですが、これじゃあ、あんまりポピュラーすぎるのでやめました。やっぱ、もっとエロっぽいのでないと・・・(笑)。というわけで、上記のようにブーグローという人の絵でいきました。アカデミック派とか何とかいう一派に属する画風らしいです。

で、なぜアフロディーテが海で生まれたのかということですが・・・。まず、ギリシャ神話では、世界の一番最初はカオスだったと。で、そのカオスから天空の神のウラノスという男と大地の神のガイアという女が出てきた。

当然、二人はアレを始めるわけです。天地がくっついて、ヤリ始めます。子供がどんどんできます。ですが、ここで問題なのは男のウラノスでした。

ヤリすぎなんです。ハメまくり状態。で、母なる大地のガイアの胎内にはどんどん子供ができてくる。ですが、ひとつ大問題が出てくる。その子供に光が当たると父親のウラノスはその子に殺されるという予言があったらしい。そこでウラノスお父さん、光を当てなきゃいいんだろうってことで、お母さんのガイアから離れようとしない。永遠にくっつきっぱなしになるわけです。たとえガイアが妊娠しても、止めない。ペニスで栓をしているようなもの(笑)。

「もう耐えられないわ!」

まあ当然でしょうね。そう思ったガイアは、一番新しい子供のクロノスに言いました。

「お父さんを何とかしてちょうだい!」

で、クロノスはやっちゃったんですよ。大きな鎌で、ざくっとお父さんのおチンチンを切り落としちゃったんです。ちなみにクロノスのイメージは、死神に近いと考えていいと思います。切れ味が良さそうな大きな鎌を持っています。で、その鎌で「もう、ええかげんにせえ!」とばかりざっくりとお父さんのペニスを切り落としちゃいました。痛そう~~~。

なにはともあれ、これで、天(ウラノス)と地(ガイア)が切断されて世界ができました。

で、何の話しをしていたかというとアフロディーテです。この切り落とされたウラノスのペニスが海に落ち、白濁の泡が生じ、その中から、この美女は生まれたのです。アフロディーテは「泡から生まれた」という意味らしいです。海からぼわぼわ~っとこんな色っぽい女性が出てきたんですね(笑)。

アフロディーテは西風の神のゼファー(絵の右側でホラ貝を吹いているヤツ)に吹かれてギリシャに流れ着き、季節の女神に服を着せてもらって、その地に住み始めます(これはボティチェリの絵が忠実に表している模様)。

ゼファーの前に寄り添っているのはゼファーがかっさらってきたニンフで、後に神格化され、花の神様フローラになります。

アフロディーテ(1):一枚の絵

ある日曜日。去年(つまり2000年)の暮れ辺り。図書館にでも行こうかっと子供連れてへろへろ行ったわけです。 図書館にはよく行く僕ですが、その日は、前日、飲み会があった日で頭はドロドロ状態。とてもじゃないけど字が詰まったのは読めっこない。というわけで、絵が多い本を選んで借りました。
「西洋絵画の主題物語:神話編」とかいう本でした。面白かったっす。で、そこで目を奪われたのが次の絵です。
tintoretto.jpg

ティントレット 「ビーナス、バルカン、マース」(1500年ごろ) Tintoretto, Jacopo Robusti ca.1550 "Venus, Vulcan and Mars"

色っぽいです。左から真ん中にかけて裸で淫らに横たわる女性は、誰なんでしょう? なんで、こんな格好で?

それはそれで良いとして、真ん中の男は何をしようとしているのか? まるで、女性のあそこの状態を確かめようとしているみたい。右のテーブルの下から顔を出してるヘルメットをかぶった男は?

この絵の作者はイタリアのルネサンス期のティントレットという人。全然聞いたことありませんでした。無教養丸出し(笑)。

右の女性は、アフロディーテ。恋の女神。ローマでの呼び名はウェヌス。英語のビーナスです。愛の女神。真ん中の男はヘパイストスという火と鍛冶の神。ローマではウラカヌス。英語ではバルカン。ややこしいよー(はんべそ)。で、右下で隠れているのがアルスという神様。ローマではマルス。英語はマースです。戦争の神様。

で、名前を一応押さえた上で、この3人の関係を見ましょう。まず、アフロディーテとヘパイストスは夫婦なのでした。アフロディーテは恋の女神で、そりゃあ超美人!! ですが、旦那のヘパイストスは、足はびっこらしいし、ブ男とあるしで、山奥の鉄工所のようなところで真面目に働く鍛冶屋だそうです。ヘパイストスはアフロディーテを妻にもてて実に嬉しいはずです。

が、アフロディーテはアルス(ヘルメット男)と浮気をする。もっとも、アフロディーテはアルスばかりでなく、あちこちいろんな男とヤリまくりますが。このアルスという軍神は、乱暴者として有名。大抵の神々の嫌われ者。だが、美人妻アフロディーテはアルスに惚れ込んでセックスしまくっちゃう。

・・・そう、この絵は、美しい人妻アフロディーテがヘルメット男のアルスと浮気をして、ドロドロのセックスを堪能しあった後に、寝取られ夫のヘパイストスがやってきたところの絵だったのです。

アルスは慌ててテーブルの下に隠れ、「やっべえ~」とか思って様子を見てる。ヘパイストスは、「な、なんだか、あやしいぞ~?」と証拠が一番残っていそうな場所、つまり愛する妻の股間を覗き込んでいるところ。白濁が見えていることでしょう。

で、アフロディーテは、激しいセックスの余韻に浸っているところを、旦那に踏み込まれ、驚いているところ。いや、違う感じ、なんとなく「そうよ、他の男と寝てたわよ。それが、何?」といっているような目つきをしてます。

左後方に寝ているエロス(ローマではクピド、英語ではキューピッド)は、性愛の象徴ですが、今はぐったりして眠っているよう。男女がお盛んになっているときは、周りでうるさそうに飛び回っている図柄が多いのですけどね。それがぐったりしているというのも、なかなかエロい(笑)。

3人の視線を追っていくと、一箇所に集中します。そうアフロディーテの股間です。画面では布に隠れて見えていないけど。

この絵のヘパイストスの気持ち、なんだか惹かれました(笑)。美しい愛する妻のあそこに溢れる他の男の証拠。ヘパイストスの目はよく見えないけど、心情が察せられる。アフロディーテの開き直っているような顔つき、「ほらこの通り、たくさん出してもらったのよ!」と見せびらかせているような表情も良い。

アフロディーテは、いろいろ遊んでくれます。彼女の生んだ子供たちもたぶん全員、夫以外の男たちの子供(笑)。ですが、ヘパイストスは「結局は、アフロディーテは俺のところに戻ってくる」と、妻の火遊びを寛大に許容していたらしい(別れたという説もあるけど)。
ともあれ、少しはまりました(笑)。実はアタクシ、こんなページ(アダルトコンテンツだよ、注意!)を運営しているので、なおさらでした(爆笑)。

以前はギリシャ神話というとごちゃごちゃしていて踏み込む気にならなかったのですが、このヘパイストスとアフロディーテという夫婦を中心に追っていくと面白かったです。さらに様々な絵画で描かれる主題のイメージもよく掴めるような気がしてきました。

そのようにして得られた知識を、自分なりに整理するのがこのウェッブページを立ち上げた目的です。「浮気な恋多き妻=アフロディーテ」。そう思うと、いろいろな妻たちが、神々しきアフロディーテに見えてきたりするから、あら不思議(笑)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。